妄想WEBマーケティングvol2 旅行会社篇

こんにちは

僕には、93歳のおばあちゃんがいます。

とてもカープが好きで、黒田選手(元)の缶バッジを常につけています

前職時代の仕事柄、カープ関連のものを持って帰ったらすごく喜んでもらえるので

それが嬉しくてよく庄原のおばあちゃん家へ帰っていました。

とりわけ去年はカープの優勝もあり、いつも以上に広島は盛り上がっていましたね。

おばあちゃんをズムスタへ連れて行ってあげたかったけど

高齢で車椅子で痴呆症もあり、なかなか実現はできませんでした。

そんなある日、目にした記事で

テニスの錦織選手の試合をVRで生中継という企画がありました

VRとは

バーチャルリアリティ: virtual reality)とは、現物・実物(オリジナル)では
ないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激
することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。
日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」とされる
(#「仮想現実」という訳語について)。
古くは小説や絵画、演劇やテレビなども、程度の差こそあれVRとしての機能を有している

よくゴーグルみたいなスコープみたいなやつをつけて映像見るアレです

思ったのは単純にカープの中継とかでも実施できれば

おばあちゃんも見に行った体験ができるなと

思いましたが、色々課題も多くなかなか難しいみたいです。

そんな時に思いついたのが

妄想WEBマーケティングvol2  旅行会社篇

「VRでおばあちゃんおじいちゃんを旅行へ連れて行ってあげよう」企画

ターゲットは旅行や遠出ができないおじいちゃんおばあちゃんの親族や介護従事者の人

もちろん様々な理由で遠出ができない人もターゲットになると思います

「懐かい思い出の場所へまた行ってみたい」

「行ったことのないあの場所へ行ってみたい」

「みんなで家族旅行へまた行きたい」

というそんな本人の思いを叶えてあげるサービスです。

なぜ旅行会社かというと

常に添乗員含めていろんなシーズンに観光地に行っているわけで

その時に映像を撮りためておけば、コストもかからないかなと…..

WEBでサービスを立ち上げ、好きな時間に好きな場所をチョイスし映像を体験する

日本中のあらゆるターゲット層を顧客にできるのでは?

まずは低コストで近場の観光地でテストマーケティングをしながら事業を拡大していく

こんな妄想をしながら、VRをやっているブレーンさんに企画持ち込んでみようかなと

思う今日この頃でした。