妄想WEBマーケティング Vol.1 コーヒー店

大好きなコーヒーのお話

いきなりですがコーヒー好きな人って多いと思うんです。

その中でもこだわりを持ってらっしゃる方も多いと思います

ちなみに僕は

缶コーヒーなら「UCCブラック」「ダイドーのデミタス」

コンビニコーヒーなら「サンクス」

店舗なら「タリーズ」※スタバも好きですが喫煙者なので…

などなど

さらにこだわれば、

「朝日コーヒーサロン」のモーニングでゆっくりとコーヒーを飲みながら新聞を読む

営業中に一息「タリーズ」でネットサーフィンで自己啓発しながらアイスコーヒー

なんてシチュエーションも交えたこだわりがある人も多いと思います

上記は僕のただの行動履歴ですが….

缶コーヒーにはじまり、コンビニのコーヒー、喫茶店やスターバックスのような店舗で

飲むコーヒー、市販のドリップコーヒーからインスタントコーヒーまで

人々はあらゆる時間、シチュエーションや場所でコーヒーを飲める環境にあります

僕は朝に起きて一杯のコーヒーを必ず飲みます。

そんな方も多いと思いのではないでしょうか?

そこで第1弾の妄想WEBマーケティング

いわゆる家でコーヒーを飲む方にコーヒー屋さんの商品を購入してもらう!

人は一度気に入ったコーヒーは飲み続ける傾向があること

この心理をついて下記のようなサービスを考えました。

あなたの朝を至福に導く

「モーニングコーヒー倶楽部」

 

 

 

 

 

という会員サービスを始めます。

会員には月々お手軽なお値段で会費をいただきます

例えば月々1000円

その代わり、月に一度朝にぴったりの少量のコーヒー豆を数種メール便で届けます

この企画のポイント

お客さん視点では

いろんなコーヒーを試飲できるというお得感

どんなコーヒーが届くかというワクワク感

気に入ったコーヒーを見つけるという探究心

コーヒー屋さん目線では

自社のこだわりを訴求できること

コーヒーを好きな人の囲い込みと新規見込み客の増加

気に入ったコーヒーを継続的に購入してもらえること

この企画で利益を確保するわけではなく

あくまで継続的に購入してもらうことで利益を確保するという考え方です。

先行投資で3ヶ月無料という特典で会員数拡大を目指し、

その3ヶ月で継続的な顧客化する仕組みを作るというやり方もできるのでは?

この考え方はお茶や紅茶など日常的に飲むものでも使えると思います

WEBでこの企画をやるメリットで一番大きなものは

安価にテストマーケティングができる

ということでしょうか?

大資本の企業が莫大な広告費を使って、同じサービスを始めれば太刀打ちできませんが

まず小予算でテストを繰り返しながら、WEBの特性の様々な数値で分析

そして拡大していく

こんな企画いかがでしょうか!

広島のWEBマーケティングの企画はお任せください!

あなたのこだわりや自慢のサービスがまだ見ぬ未来の顧客に届かんことを!